So-net無料ブログ作成
検索選択

第20回私の尾瀬フォトコンテスト授賞式&尾瀬フォーラム [尾瀬]

先週末の12月13日は、高崎でNHK第20回私の尾瀬フォトコンテスト授賞式&尾瀬フォーラムに行ってきました。初めての授賞式でどんなだろう?と心配していましたが、尾瀬好きが集まる授賞式と尾瀬フォーラム、懇親会と色々楽しめました。

image2.jpg

↑授賞式は高崎シティギャラリーで写真展と合わせて開催しました。

image3.jpg

↑多くの人は来場していました。

image1.jpg

↑僕の写真は、同じく銅賞の花見さんの隣に展示されていました。(右:花見さんの作品、左僕の作品)

image4.JPG

↑とりあえず、受賞記念に作品と一緒に撮影です。全倍のプリントは迫力があります!

写真展は幾つかの都市で開催されるのでお近くで開催の場合は高覧して頂ければ幸いです。


奥山田温泉満山荘~最後の宿泊 [温泉(秘湯)]

今日は、先週に行った温泉旅行を紹介します。人気の宿で予約の取りにくい宿として有名な奥山田温泉満山荘が、2016年1月3日にをもって廃業するというので何とか予約をとり行ってきました。廃業の理由は、2つある源泉のうち、乳白色の源泉が枯れて(前回宿泊した2年前から湯量が細くなったと聞いていたのでとうとうと思いました。)、1方の温泉での沸かし湯では経費がかさむので奥山田温泉を廃業とし、来年3月から、跡取が無く廃業した同じ長野県の沓掛温泉おもとやの後を継いで、沓掛温泉満山荘として開業するそうです。
奥山田温泉は、ボーリングによる温泉湧出なので地層内に温泉がレンズ状に閉じ込められている場合があるので枯渇することがあります。
ちなみに、下にある七味温泉は源泉がことなるので奥山田温泉とは関係ありません。
しかし、乳白色の温泉も満山荘の魅力でしたが、何と言っても満山荘の一番の魅力はサービスなので今後が楽しみです。
で、奥山田温泉満山荘の最後の宿泊ですが、翌朝は年に数回と言われている穂高~白馬まで北アルプスを一望できる満山荘の名に相応しい素適な光景を見ることが出来ました。
image1.JPG
↑奥山田温泉満山荘ありがとうございました。また、沓掛温泉でお世話になります。
image3.JPG
前回は、濁り湯でしたが今は無色無臭の温泉です。(岩風呂)
image2.JPG
↑北アルプスを見ながらの温泉は最高です。(檜風呂)
北アルプス-満山荘.jpg
部屋か見る北アルプスの絶景!穂高~鑓~白馬まで感動の北アルプスを一望です。最後に良い思い出が出来ました。(クリックで拡大。)
PC061290.jpg
↑満山荘の宿泊が目的でしたが、志賀高原熊の湯の立ち寄り湯で見た霧氷が綺麗でした。
PC071350.jpg
↑帰りは乗鞍温泉で乳白色の温泉を満喫して帰りました。
明日は、第20回私の尾瀬フォトコンの授賞式です。大判でプリントされた写真と尾瀬仲間に会えるのが楽しみです。


第20回NHKわたしの尾瀬フォトコンテスト [尾瀬]

P4290802.jpg
第20回NHKわたしの尾瀬フォトコンテストの結果(速報)が発表されました。
今回も尾瀬仲間の常連さんが入賞・入選していますが、小生の写真も何とか銅賞に選んで頂きました。
応募作品は、今年のGWに至仏山の稜線で撮った満天の星空です。凍った雪面と寒風が通り抜ける稜線で、寒さと満天の星空の感動に震えながら撮った一枚です。
今から大伸ばしされたプリントを見るのが楽しみです。

入賞・入選した尾瀬仲間(HP発表順)
 金賞  「稜線を越える滝雲」 有馬 雅美さん
 銅賞  「早春の夜明け」 平居 久美子さん
 銅賞  「満天の星降る夜」 小泉 和広
 入選 「春雪昇陽」 半田 容一さん
 入選 「大江湿原」 鈴木 良信さん
 入選 「天空夕照」 広田 博志さん

2015年夜行日帰りでラスト尾瀬ヶ原 [尾瀬]

毎年ラスト尾瀬ヶ原は、定宿にしている龍宮小屋の最終日(11月2日)に宿泊していますが今年は宿の都合で早く小屋閉めしてしまったので、数十年ぶりに尾瀬沼の長蔵小屋に2日に宿泊を予定していましたが、天候が悪そうなので急遽!10月31日の夜行で11月1日に尾瀬ヶ原を回ってきました。
31日の23時前に鳩待峠に着くと小雪が降っており、白い尾瀬に期待が膨らみ仮眠と取りました。午前2時に目覚ましで起きて山ノ鼻に向かいます。木道には雪が積もっていたので滑り止めを装着しました。
山ノ鼻で前日からテント泊で入っている”てばまるさん”と合流して、明るくなるまでテントの中で談笑しました。
空が明るくなる頃に小雪が降る中、テントを後にしました。
空が明るくなっても気温は氷点下を維持してくれているので、粉雪がサラサラで白い木道、うっすらと雪化粧したお馴染みの光景が美しいです。この時期に何時も尾瀬入りしていますが、今回の様なうっすらと雪化粧した尾瀬を新雪の状態で見る機会は少ないので日帰りでも尾瀬に来てよかった~を実感します。
PB011070.jpg
↑日出前の研究見本園。
PB011074.jpg
↑雪雲が動き始め西の空の残月が霞みます。
PB011096.jpg
↑日出の時刻ですが雲が多く切れ間から焼けた雲が覗きます。燧ケ岳を覆っていた雲が一気に湧き上がり真打の登場に期待します。
PB011112.jpg
↑雲間から出現した燧ケ岳は霧氷が付いています。
PB011129.jpg
↑至仏山も登場です!
PB011143.jpg
↑至仏山に朝日が差し、雪化粧が輝きます。
PB011171.jpg
↑黄金色に輝く湿原と至仏山。
PB011183.jpg
↑木道の雪が解けた頃に燧ケ岳の雲が取れました。
PB011253.jpg
↑燧ケ岳をズームイン!霧氷の付いた冬木立ちが綺麗です。
PB011223.jpg
↑初冬の尾瀬を超広角で・・・・、今ここ(竜宮十字路)にいる幸せ。
PB011250.jpg
↑景鶴山の霧氷も綺麗です。
PB011276.jpg
↑龍宮小屋に挨拶して名残惜しいですが尾瀬ヶ原を後にします。
おわり

ラスト尾瀬ヶ原 速報 [尾瀬]

夜行日帰りで、尾瀬ヶ原に行ってきました。粉雪が舞う夜中に鳩待峠を出発し、何とか雪で薄化粧した尾瀬を見る事ができました。

image-20151101154047.png