So-net無料ブログ作成
検索選択

三重四日市の出張 [出張]

今週末は、四日市出張中の週末です。土曜日は仕事があり日曜日は休みです。ホテルに一日居てもつまらないので、四日市市のプラネタリウムに行ってきました。四日市市のプラネタリウムは最近リニューアルされて8Kの高精細の映像とクリアな星が良かったです。冬の星座と星雲というテーマでしたが内容は小学生子供向けでちょっと物足りなかったです。

カノープスの話が長かったので、四国今治市の波方出張中に見たカノープスを思い出しました。また、最後に冬の星座と春の星座の説明があり、残雪の尾瀬で見た満点の星空が脳裏に浮かびました。早く忙しい年度末を終えて4月の尾瀬沼が今から楽しみです。

image4.JPG

↑最新の投影機はCHIRON401だそうです。専門家ではないのでよくわかりません。

image2.JPG

↑リニューアルされる以前の投影機も展示されています。

image1.JPG

↑プラネタリウムもいいですが、JAXAとの協力で展示されている展示物が良かったです。

image3.JPG

↑宇宙食の米類は山のレトルトで定番の西尾食品です。宇宙食と同じ品質の食品を山で!感慨深いです。

image6.JPG

↑麺類は日清食品です!日常、山での食事にいつもお世話になっています。レトルトカレー類はハウス食品でした。

image5.JPG

↑宇宙でもマヨラーは困りませんよ!キューピーがあります!


出張の移動で北岳を俯瞰 [出張]

九州への日帰り出張で、北岳、間ノ岳をはじめ南アルプスを雲間から何とか俯瞰することができました。
この時期になるとキタダケソウの開花状況と開山日、バスの運行状況が気になります。去年は、ふくらはぎをつって途中撤退しているので、天候、仕事、開花状況などのタイミングが合えばリベンジしたいです。

image-20150604085946.png

image-20150604085953.png

image-20150604090003.png

image-20150604090011.png

東北出張 [出張]

今週は、東北の南に出張です。現場の近くにビジネスホテルが無いので、仕方なく?温泉旅館のビジネスパックで宿泊です。
仕事が終わった後の露天風呂は最高です。
何故か?今年は、温泉旅館を利用する出張が多いです。
最大級の寒波で雪景色です。が、雪見露天風呂がいいなぁ。

image-20141217172634.png

image-20141217172646.png

尾瀬界隈の出張なう! [出張]

今週は、尾瀬界隈のダムの調査で奥利根に出張です。奈良俣ダムから見る雪をまとった裏至仏山が印象に残りました。日中は仕事ですが、夜間晴れれば、宿を抜け出して裏至仏山の星風景を撮りたいと考えています。

image-20141117235945.png

飛行機搭乗の規制緩和 [出張]

今年の9月1日から航空法が改正されて、電波を発信しない状態のデジタル機器が搭乗から降りるまで終始利用可能となりました。これで、スマートフォンやデジタルカメラ(wi-fiやGPS機能をoff)の離着陸時に利用できます。今回の出張は、夕方の羽田のフライトだったので夜景をOM-D E-M10の手持ち夜景モードで撮ってみました。ただ、ズバババ~っとシャッター音が喧しいのでちょっと恥ずかしかったです。

PA190464 (2).jpg

JALのワンワールドのプリントがしてある基本設計は737の古い機体ですが、機内wi-fiが利用可能な737-800でした。リフォームされて最新機種の878の様な青色LEDの室内灯が好い感じです。本革シートは高級感がありますが、座り心地はデフォルトのレカロのシートの方が好みです。

PA190466.JPG

↑離陸直前の撮影です。規制緩和に感謝です!

PA190469.JPG

↑今回はA側の窓側だったので京浜工業地帯の夜景です。これから、夜間の出張で記憶に残る夜景ではなく、記録に残る夜景になります。


四万十川の沈下橋巡り [出張]

四国出張中の週末に百名山の剣山に行く予定でしたが、天候が不安定だったので予定を変更して、四万十川の沈下橋巡りをしました。川の流れに合わせて上流の四万十町から河口の四万十市(旧中村)を目指しました。

P8240212.JPG

↑一升俵沈下橋です。四万十川の現存する沈下橋でもっとも古い(昭和十年完成)そうです。現在は、老朽化のため人のみ通行可能で車は通行止めとなっている。

P8240217.JPG

↑一升俵沈下橋の少し下流にある清水大橋(昭和40年完成)難工事だったようで完成までに6年も掛かったそうです。現在は、老朽化のため人のみ通行可能で車は通行止めとなっている。

P8240219.JPG

↑若井沈下橋。現在は、上流に新しい橋が架けられたため、桁、橋脚が流出しても補修されることなく廃橋となっている。

P8240221.JPG

↑上宮橋(昭和32年完成)。現在も健在で車の通行も可能。

image.jpg

↑今でも右岸の大正北ノ川と左岸の上宮を結ぶ地域の橋として活躍しています。

P8240225.JPG

↑向山橋(上岡沈下橋)昭和38年完成。当該場所は、流れが早いので流線型の橋になったそうです。

P8240226.JPG

↑新谷橋(茅吹手沈下橋)昭和45年完成。JRのポスターにもなった四万十川を代表する沈下橋だそうです。

P8240231.JPG

予讃線のトラス橋と並行している第一三島橋(昭和41年完成)です。

P8240233.JPG

↑第二三島橋(昭和42年完成)です。

P8240241.JPG

↑半家沈下橋(昭和35年完成)。四万十市で最上流の沈下橋です。

P8240243.JPG

↑中半家沈下橋(昭和51年完成)老朽化しているようで2輪車と人のみが通行可能です。

P8240246.JPG

↑長生沈下橋(昭和35年完成)です。先の豪雨による洪水で桁が流されたようで現在は通行止めでした。

P8240248.JPG

↑岩間大橋(岩間沈下橋)昭和41年完成。中流域に入ると橋長の長くなり、橋脚にも鋼管が使われています。

P8240251.JPG

↑岩間沈下橋と四万十川の風景。光がほしいところですが、The四万十川て感じでドラマやTVによく紹介されるのもこの光景を見ると納得します。

 P8240256.JPG

↑屋内大橋(口屋内沈下橋)昭和30年完成。この橋も先の豪雨による洪水で、桁と橋脚の一部が破損したため現在は車は通行止めでした。

P8240269.JPG

↑勝間橋(鵜ノ江沈下橋)昭和40年完成。橋脚の鋼管が3本ある珍しい沈下橋。釣りバカ日誌14の撮影場所にもなったそうです。

 P8240271.JPG

↑高瀬沈下橋(昭和48年完成)。

P8240273.JPG

↑三里沈下橋(深木沈下橋)昭和41年完成。

P8240277.JPG

↑四万十川の最下流に架かる今成橋(佐田沈下橋)昭和47年完成です。河口に近いため橋長も291.6mと沈下橋中で最も長いです。の四万十市の中心街から最も近いため多くの観光客が訪れていました。

P8240280.JPG

↑観光の屋形船と佐田沈下橋。何気に橋脚が耐震補強さされています。

いや~、四万十町窪川から四万十川本流の沈下橋を巡りましたが、あと4橋で本流の沈下橋がコンプリートです。車で巡っているとはいえ意外と大変でした。


再び四万十市(旧中村)出張 [出張]

毎年、5月15日は会社の創立記念日の休日を利用して雪解けの進む尾瀬ヶ原を散策していますが、急な出張が入り今年は仕事です。しかも、羽田-松山の飛行機は、お遍路ツアー客で満席状態です。お遍路1200年の記念の年で、四国ではお遍路バブル状態でビジネスホテルも予約が取りにくい状態で困ったものです。
IMG_1097.JPG
↑前回の出張では、四万十川の天然ウナギを食べたので、今回はカツオ尽くしにしました。
何でも、特別なビリカツオが手に入ったとお店の大将が言うので、たたき(ポン酢)にしてもらいました。
IMG_1098.JPG
↑同じ、ビリカツオのたたきですが、こちらは今流行りの塩たたきです。本場でお店で調理するので、ポン酢たたきも塩たたきも”まいう~”です。
IMG_1096.JPG
↑カツオのスモークも頂きました。

最終日に松山市内のビジネスホテルが満室で取れなかったので、しかたなく道後温泉の観光温泉に宿泊(平日ビジネス価格)です。

IMG_1107.JPG
↑道後温泉から松山の繁華街大街道周辺に路面電車で通勤?です。久しぶりに板張り床でコンプレッサーの煩い電車に乗りました。iphone5sでこれだけ夜間の撮影が撮れれば十分かなぁ。
IMG_1112.JPG
↑朝食後数十年ぶりに道後温泉(本館)辺りを散策しました。
IMG_1120.JPG
↑伊予鉄の坊っちゃん電車。電車ではなくディーゼル機関車です。
IMG_1123.JPG
↑坊っちゃん電車と道後温泉駅。
IMG_1124.JPG
↑松山-羽田のJALの空路では、左側に徳島の手羽島を見ることが出来ます。

足摺岬 [出張]

日本各地の岬は何処に行っても同じような感じがします。ただ、ここは四国最南端・・・・・中村からでもちょっと遠く、道は狭いです。お遍路さんは、飛び地のお寺に来るだけで2日を要する大変な所なので、四国最南端を実感します。しかし、四国カルストから車を使っても3時間30分以上の運転・・・・・疲れました。
P4190033_1.jpg
↑足摺岬の灯台。E-M10 M.ZD14-42/f3.5-5.6EZ
P4190042_1.jpg
↑四国最南端!E-M10 M.ZD14-42/f3.5-5.6EZ
P4190040_1.jpg
↑灯台の下は断崖絶壁です。E-M10 M.ZD14-42/f3.5-5.6EZ
IMG_1054-1.jpg
↑灯台の近くには、四国八十八か所で最難関と言われる第38番金剛福寺があります。朱印書巡りは趣味ではありませんが、とりあえず真言宗の信者としてお参りしました。
足摺岬の時の民宿は、屋上から星空観賞に最適な宿に宿泊しましたが、残念ながら生憎の曇り雨・・・・・、E-M10のライブコンポジットによる星撮影を試せなかったのが心残りです。

GW前半は、色々立て込んでいて尾瀬入りできませんでしたが、
GW後半は、行くぜ!尾瀬・・・!!
ライブコンポジットの星空撮影はぶっつけ本番になってしまいました。

週末の出張時の楽しみ [出張]

今週末は、出張先の松山で過ごします。また、休みなので今まで行ったことのない四国カルストを経由して、四国の陸の孤島?と言われる足摺岬に行くことにしました。
P4190014_1.jpg
↑朝早かったので四国カルト独り占めです。まだ肌寒く単にシーズンじゃないのかも?
ただ、基本的に牧場なので、人工物が多く写真的には不向きな場所です。
E-M10 M.ZD14-42/F3.5-5.6EZ
P4190008_1.jpg
↑回らない風力発電は、四国カルストの風景を台無しにしています。風力発電は、再生可能エネルギーの中でも最も発電効率が悪く、景観は台無しにするは、貴重な渡り鳥などのバードクラッシュは絶えないは、低周波で健康被害はでるは、本当に風力発電は、補助金目当てのエコ発電を偽ったエゴ発電と思います。
E-M10 M.ZD14-42/F3.5-5.6EZ
P4190016_1.jpg
↑四国カルストをちょっと降りると車道の脇では春がすくそばまで上がってきています。
タチツボスミレかなぁ?タンポポと好い感じで咲いています。オリンパスのレンズは、安価な附属レンズでも寄れるレンズが多いのでなんちゃってマクロレンズ的に使えるのが良いです。
E-M10 M.ZD14-42/F3.5-5.6EZ
image_1.jpg
↑四国カルストから四万十市(旧中村)を経由して足摺岬を目指します。途中のトイレで立ち寄った道の駅あぐり窪川で米豚の炭焼串を頂きました。激ウマです。iphone5s
image (4)_1.jpg
↑四万十川で有名な中村まで来ました。ここまできたら、四万十川の鰻を食べるなら今でしょ!と言うことで、食通漫画で有名な美味しんぼで紹介されていた”四万十屋”で昼食です。iphone5s
image (6)_1.jpg
↑店内には、誇らしげに漫画のページが拡大して添付してあります。iphone5s
image (2)_1.jpg
↑うな重のメニューを見ると、養殖ウナギと天然四万十川のウナギの2種類があります。当然値段が段違いです。でも、ここまで来て天然四万十川のウナギを食べないと一生後悔すると思い、え〜い、天然ウナギ重3,780円いっちゃいました。
味は・・・・。身は厚くふんわりトロで、皮はぷりトロで今まで食べたことのない食感で、激ウマ^2でした。四万十の川ノリの味噌汁も美味しかったです。iphone5s
image (3)_1.jpg
↑あまりにも美味しいので、記念に寄って撮ってしまいました。iphone5s
image (1)_1.jpg
↑店内はデッキ、テラスがあり、四万十川を眺めながら、ここで今れ育った美味しい天然ウナギを堪能する。好い演出してますな〜ぁ。満足満足!iphone5s

出張(愛媛県) [出張]

愛媛県に出張中です。羽田空港で現役を引退したジャンボを見ることができました。出張や北海道への遠征時にお世話になりました。これが見納めかと思うと感慨深いものがあります。
で、恒例の南アルプスを俯瞰しました。北岳、間ノ岳、甲斐駒、千丈!ばっちり見ることができました。満足満足!
P4140177_1.jpg
JALの向こうにジャンボ発見!TG-2
P4140178_1.jpg
↑眼下に南アルプが見えてきました。TG-2
P4140179_1.jpg
↑北岳(中央部)、間ノ岳も山頂付近の積雪は多そうです。今年は、北岳草を見に行くぞ!!(ただし、天候次第)
TG-2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。